So-net無料ブログ作成
検索選択
2016年ドラフト ブログトップ

池田駿(ヤマハ)は巨人がドラフト4位指名!大学や高校などの経歴や出身は? [2016年ドラフト]

こんにちは。
ヤマハの池田駿投手が巨人にドラフト4位で指名されましたね!
最速148キロを誇る即戦力左腕ということで期待が集まります。
そこで本日はこの池田駿投手についての詳細をまとめてみました!

まずはプロフィールです!

名前:池田駿
出身:新潟県三島郡出雲崎町
身長体重:174㎝/71㎏
ポジション:投手
投打:左投左打

小学校から野球を始め、地元の出雲崎小学校・中学校を卒業しました。
当時は軟式野球部に所属、ポジションは投手だったようです。

持前のスピードを評価され、高校は新潟の名門の新潟明訓に進みます。
3年夏には甲子園出場も果たし、ベスト8まで勝ち進みました!
当時から140キロを超える速球でプロ注目の投球を披露していました!

大学は専修大学に進学しました。
このころから球速も140キロ台後半まで伸ばし、エースとして活躍しました。

そしてヤマハに進み、2年目の今年に巨人から4位指名を受け、現在に至るというかたちですね。



以下、池田駿投手についての記事や動画をまとめてみました!


□記事□
池田駿プロフィール - スポーツナビ
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2016_semi_pitcher/ikeda_shun

池田 駿(新潟明訓) | 選手名鑑 | 高校野球ドットコム
http://www.hb-nippon.com/player/102

池田駿(ヤマハ) | ドラフト候補の動画とみんなの評価
http://player.draft-kaigi.jp/PlayerInfo.php?PlayerId=1056

池田 駿(ヤマハ) | 選手名鑑 | 社会人野球ドットコム
http://bb-nippon.com/ab/player/663

ドラフト会議情報局2016:池田駿(ヤマハ)、来年ドラフト …
http://bb-nippon.com/ab/player/663

□YouTube□
2016/7/16ヤマハ 池田駿 都市対抗 対JFE東日本 2016年ドラフト候補
https://www.youtube.com/watch?v=ja8v2dRe-TI

2016/05/21 ヤマハ・池田 駿投手
https://www.youtube.com/watch?v=tmZglOo7tus

【4K】2016 読売ジャイアンツ ドラフト4位指名 池田駿投手 都市対抗野球 ヤマハ
https://www.youtube.com/watch?v=6Z4Za0Ivx4M


躍動感のあるフォームから140キロ台後半の速球に加え、切れの良いスライダーやチェンジアップも魅力です!
ヤマハの所属する激戦区の東海地区で防御率で1.1は素晴らしい成績です!
巨人の左投手ということで、近年で言えば内海投手や杉内投手の後継となるような活躍を期待したいですね!
以下、巨人の2016年のドラフト指名選手をまとめておきます。

1位 内野手 吉川尚輝 中京学院大
2位 投手 畠世周 近大
3位 投手 谷岡竜平 東芝
4位 投手 池田駿 ヤマハ
5位 投手 高田萌生 創志学園高
6位 投手 大江竜聖 二松学舎大付高
7位 投手 リャオ・レンレイ 岡山共生高卒

※1位指名ハズレは含みません。

これからの池田投手に期待していきましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

吉川尚輝(中京学院大)内野手のドラフトは?高校は?中日阪神巨人が指名?亜細亜大学に行かなかった理由は? [2016年ドラフト]

こんにちは!
今回は2016年ドラフトの上位指名候補筆頭、吉川尚輝(中京学院大)内野手の高校や、指名候補の球団についての記事を書いていきたいと思います!

吉川尚輝選手は岐阜の名門、中京高校の出身です。
大学は最初は亜細亜大学に入学するつもりでしたが、練習などを見学する中で、より自分の野球に合っていそうだったという中京学院大学に進学しています。

プロの評価も高く、地元の中日や阪神はもちろん、巨人も上位での指名を検討しているようです。
特に阪神はポスト鳥谷の獲得が急務であり、熱視線を送っているようです。
また近年セカンドを固定しきれていない巨人も興味を示しているようです。
セカンドも守れる器用さも吉川選手の魅力の一つですね。

こちらに簡単にプロフィールをまとめておきます。

名前:吉川尚輝
出身:岐阜県羽島市
身長体重:176㎝/75㎏
ポジション:ショート・セカンド
投打:右投左打

幼少期から運動神経に優れていた吉川選手は、ご両親いわく
『教えたこともないのに自転車に勝手に乗っていた』
『中学生の時に右打ちから左打ちにしろ、というとすぐにヒットを打った』
などのエピソードがあったようです。

高校では1年夏からサードでレギュラーを獲得すると、1年秋からは不動のショートとして活躍したものの、甲子園の経験はなかったようですね。
大学では1年春からショートしてレギュラーで出場し、2年春には打率.431でリーグ首位打者を獲得しました。
また2年春からは3期連続で盗塁王に輝いています。

自他ともに認める吉川選手の売りは、華麗なフィールディングです。
中京学院の監督も先輩の菊池選手(広島)に勝るとも劣らないと評価しています。
また50メートル5.7秒、遠投は97メートルを記録しています。
もちろん広角に打てるバッティングも魅力的です。



私はニュースやYouTubeなどで吉川選手の動画も見たのですが、流れるような華のある守備が魅力的だなと感じました。
反面、少し打球を待って捕球する癖やスローイングを改善すれば、より素晴らしいショートになるのではないかと思いました!
将来性抜群の吉川選手ですが、個人的には将来は西部時代の松井稼頭央選手のような走攻守全てにレベルの高いショートに育ってほしいなと感じました!

今回も最後までブログをご覧いただきありがとうございます!
関連記事もたくさんアップしておりますので、よろしければそちらも見てみて下さい!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

山岡泰輔(東京ガス)のドラフト!フォームやスライダーは?カープ、ヤクルト、オリックス、阪神などが指名? [2016年ドラフト]

こんにちは!
本日は2016年ドラフトの注目選手、山岡泰輔(東京ガス)投手についての記事を書いていきたいと思います!

山岡泰輔投手は右の本格派で、まとまった投球フォームから最速147キロの速球と、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球が持ち味です。
フィールディングや守備力にも定評があります。
以下、各球団スカウトの評価をまとめておきます。

『勝負する気持ちが良い。直球のキレも良い。』-ヤクルトスカウト
『投球術が高い。サッカーで例えればファンタジスタのよう。』-オリックス関係者
『変化球が多彩。ピッチングも上手。ドラフトの上位候補。即戦力。』-阪神スカウト

などなど上々の評価があがっていますが、本日はそんな山岡投手に関しての記事を書いていきたいと思います!
まずはプロフィールです!

名前:山岡泰輔
出身:広島
身長体重:172㎝/70㎏
ポジション:投手
投打:右投右打

出身は広島県で中学校は浅野川中学校を卒業しているようです。
ここ最近のドラフト上位候補では珍しく中学校では軟式野球だったようですね!

高校は瀬戸内高校に進み、3年時には甲子園も経験してるようです!
甲子園では明徳義塾に惜しくも1回戦で敗れているものの、8回までを被安打6、9奪三振と堂々のピッチングを披露しています。



その後はプロ志望届を提出せず、東京ガスで社会人野球の道へ進み、頭角を現して現在に至ります。

出身が広島ということで、どうしても相思相愛でカープ入団という可能性が高いかもしれませんが、上記の通り能力も評価も高い選手ですので、ドラフト当時まで全く結果がわかりませんね。
まれにみる投手が豊作な今回のドラフトですが、やはり体格に恵まれた選手が多い中で、山岡投手のような決して体が大きくない投手が活躍することは、同じような境遇の野球少年に大きな希望を与えると思います。
是非ヤクルトの石川投手や楽天の美馬投手のように、体は小さくとも「大きなエース」となれるようにがんばってほしいなと思います。
山岡選手のドラフトや今後に期待していきましょう!

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

黒田博樹(広島)が引退!家族は?自宅や住まいは? [2016年ドラフト]

こんにちは!
広島の黒田投手が引退宣言をしてしまいましたね!
野球ファンとしては残念ですが、ご家族や今後の生活なども気になるところです!
今日はそんな黒田選手の家族や、自宅など住まいについて調査してみました!

・黒田選手の家族(妻・娘)

黒田選手のは2001年に現在の妻・雅代さんと結婚しています。
一般人の1歳上の女性のようですね。
その後2人の子供にも恵まれたようで、2人とも娘様のようで、中学校くらいの年齢とのこと。
思春期の年代ということで、物心ついたころからお父さんとアメリカに行ったり、日本に帰ってきたり、お父さんが仕事を引退したり大変ですね(笑)
でもこれからは家族サービスも増やせると思うと、家族としてもそれはそれで嬉しかったりということもあるんですかね。
黒田選手くらいであればコーチや監督、開設者といった選択肢もあるのでしょうから、まだまだ忙しいのかもしれませんが。


黒田選手の自宅や住まい

黒田選手の自宅や住まいに関しても調べてみたのですが、画像など詳細な情報は見つけることができませんでした。
しかし、以前アメリカから日本へ帰国する際に日刊ゲンダイにて
広島の自分の自宅をリフォームして二人の娘の子供部屋を新たに作ったそうでいつ帰国しても万全な状態にしてるそうだ
などと報じられており、広島に一戸建てのご自宅があるということは言えるかもしれませんね。
黒田選手ほどの年棒があれば、住む場所などは都会でも田舎でも選ばないと思うのですが。
それほど広島への愛が強いということでしょうか。
引退後にまた引っ越す可能性もあるかもしれませんが、やはり娘さんのことを考えるとあまり広島を離れたくないかもしれませんね。
完全に余計なお世話ですね(笑)

それにしても黒田投手!日本とアメリカを合わせてプロ生活19年間お疲れさまでした!
最後にチーム25年ぶりのリーグ優勝が達成できて本当に良かったですね!
まだ日ハムとの日本一決定戦が残っておりますが、最後までがんばってください!

そして、できれば違うかたちでまたプロ野球の世界に戻ってきてくれると良いなと思っています!
本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

柳裕也(横浜高校⇒明治大学・投手)の2016ドラフトは?出身や中学は?楽天が指名? [2016年ドラフト]

こんにちは!
本日は2016年のドラフト会議再注目の1人、柳裕也投手(横浜高校⇒明治大学・投手)について記事を書いていきたいと思います!

柳投手は明治大学4年の投手です。
最高150キロの速球と、100キロ台の落差のあるカーブが持ち味です。
そしてその他の変化球やコントロール、フィールディングや牽制含め総合力の高い選手ということでも知られています。
もちろんプロのスカウトからの評価も非常に高く、上位指名必至との声も多いです。
ではどの球団が柳選手をの指名を検討しているのでしょうか?

スポニチの調べによりますと広島、ヤクルト、中日、西部、楽天らが上位指名候補のようです。
九州出身ということで西の球団と、関東の球団も検討しているようですね。
注目度の高さが伺いしれます。



そんな柳投手ですが、幼少期からこれまでの経歴もまとめてみました。

まずはプロフィールからです!

名前:柳裕也
生年月日:1994年4月22日
出身:宮城県都城市出身
身長体重:180㎝/80㎏
ポジション:投手
投打:右投右打

柳投手は小学校から野球を始め、岸比田スポーツ少年団に所属し、6年生時には全国大会で優勝も経験しています!
中学校は小松原中に進み、都城リトルシニアに入ります。
2年生時にはリトルシニア九州選抜、3年生時には全国選抜にも選出されています。
全米選手権では15イニング2失点という成績を残し、サイ・ヤング賞という最も優れた投手に贈られる賞を受賞しています!
幼少期からまさに野球エリートということですね!

高校は九州を遠く離れ横浜高校に進学。
1年夏からベンチ入り、2年生からはエースとして活躍。
甲子園も2年春夏、3年春と計3回経験しました!

高校卒業後は明治大学に進学、1年春から登板の機会を与えられますが、主に先発投手として活躍し始めたのは2年秋からです。
そして3年秋から一気にプロのスカウトからも注目を集めるようになりました!
4年時には6勝1敗、防御率はリーグトップの0.87という数字を残しました!
ベストナインにも2度選出されています。

上記の通り素晴らしい実績と実力を兼ねそろえた柳投手。
流しのブルペンキャッチャーこと安部昌彦氏もテレビ番組で『即戦力という観点であれば柳投手』と太鼓判を押していました。
プロでも早期の活躍が期待できますね!
今後の柳投手を見守りましょう!

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今井達也(作新学院・投手)の速球!2016年ドラフト!中日・日ハム・ソフトバンク・ロッテが注目? [2016年ドラフト]

こんにちは!
本日は作新学院の今井達也投手について記事をかいていきます!
今年の夏の甲子園で152キロの速球を披露し、優勝投手になって一躍ヒーローになった選手ですね!
2016年のドラフトでも上位指名候補の筆頭と言えるでしょう!

まずはプロフィールです!

名前:今井達也(今井達也)
出身:栃木県鹿沼市
身長体重:180㎝/72㎏
ポジション:投手
投打:右投右打

中学校は鹿沼西中学校で、野球クラブの鹿沼レッドソックスに所属していたそうです。
なんと中学3年の春の関東大会ではノーヒットノーランを達成しているとのこと!
当時からその才能を見せつけていたのですね!

名門の作新学院に進学後は2年夏からベンチ入り。
当時から144キロの速球で注目を浴びていました。
しかしそこから3年春頃までは制球難に悩み、ベンチから外れるなどのこともあったと言います。
しかしそこから走り込みなどで下半身強化を行い、安定した投球を見せるようになります!
そして最後の夏、栃木大会から本来の実力を見せつけました!
合計21.2回を投げ、奪った三振は33、許したヒットはわずか11と圧倒的な結果を出します。
見事栃木大会を優勝し、チームを甲子園へと導きました。



そんなチームの柱の今井選手ですが、熱闘甲子園では亡くなったおじいさんの遺骨をお守りにして投げているというエピソードが明かされました。
首から下げているペンダントにそのお守りが入っているとのことです。
甲子園で投げる自分の姿を亡くなったおじいさんに見せたかった気持ちが強かったようですね!
若くして家族思いの今井選手。
やはり素晴らしい選手は素晴らしい人間性を持っていると思います。

当然、甲子園や国際試合からはスカウトの評価も急上昇しています。
スポニチの調べでは中日、日ハム、ソフトバンク、ロッテの上位指名が予想されるとのこと。
同じ高卒の投手の先輩として、藤浪投手や大谷投手のような活躍が期待されますね!
本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

佐々木千隼(桜美林)投手は日野高校!中学は?ドラフトや進路は?指名は阪神? [2016年ドラフト]

こんにちは!
本日は2016年のドラフトで最も注目されている選手の1人、佐々木千隼(ささきちはや)選手について調べてみました!
右のスリークォーターから最速152キロの速球とスライダー、フォーク、シンカー、シュートなど多彩な変化球を操る非常に完成度の高い投手です!

まずはプロフィールからです!

名前:佐々木千隼
出身:東京都日野市
身長体重:182㎝/83㎏
ポジション:投手
投打:右投右打

佐々木選手は東京都日野市の出身ということで、日野市立三沢中学校⇒東京都立日野高等学校⇒桜美林大学とずっと地元の東京都で生まれ育っています!
日野高時代は2年夏、3年夏共に日大三校に敗れ甲子園出場の経験はありません。
西東京大会ではベスト8が最高の成績です。
しかし2年時は4番ファースト、3年時は5番ピッチャーとして投打に大活躍しました!
投げては140キロ超の速球を投げ、打っては高校通算30本以上の本塁打を放ちました。

桜美林大学に進学後ももちろん投手として活躍。
2年時、3年時の通算防御率は「1.12」と申し分ない成績を残しています。
ちなみに桜美林大学のリーグは佐々木選手の入学当初は、首都大学2部リーグでしたが、すぐに1部リーグに昇格を果たしています。

4年春からは更なる成長を遂げ、防御率を「0.27」という圧倒的な成績を残します。
勝ち星こそ4勝3敗とついてきませんでしたが、負けた3試合はいずれも0-1のスコアという不運に見舞われました。
そして勝った4試合のうちの3試合は完封勝利となります。

この成績が評価され、侍ジャパンの大学日本代表にも選出されました。
日米大学野球では開幕投手を任され、7回1失点12奪三振の快投を披露。
国際試合でもその実力をいかんなく発揮しています。



このように素晴らしい実力と実績を兼ねそろえる佐々木選手ですから、今回のドラフト否が応でも注目が集まります。
噂では阪神が指名するとの声も多いですが、どうなのでしょうか?
地元ということで、巨人やヤクルトも指名する確率も大いにあり得るでしょう!
イケメンですので話題性も抜群でしょう!
個人的には大学生、社会人を経てプロ入りする野球選手は、高卒に比べて年齢のこともありますので、ある程度即戦力として扱ってくれる球団が指名してくれると良いなと思います。
佐々木選手ほどであればそれがどの球団でも可能であるほどの能力は持っていると思いますが、ドラフトの行方を見守りたいと思います!

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

田中正義(創価大学)投手のwiki!高校は?ドラフトは?創価学会員? [2016年ドラフト]

こんにちは!
本日は大学野球シリーズとなります。
今ドラフトでも大注目の田中正義投手をwikiやインターネットを使って調査してみました!

まずはプロフィールです!

名前:田中正義(たなかせいぎ)
出身:神奈川県
身長体重:186㎝/89㎏
ポジション:投手
投打:右投右打

野球を始めたのは7歳の時で、理由は「父が野球をしていたから」だそうです。
中学は横浜市立末吉中学校に進み、高校は創価高校へ。
高校時代当初から投手として注目をされていたものの、なんと肩を壊してしまい、途中で外野手へ転向していました。
4番・センターとしてチームの中心として活躍したものの、外野手としてプロから指名されるほどには至らず、大学もそのまま系列の創価大学へ進学したかたちですね。



ちなみに創価系の学校となると学会員?と気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、創価大学であれば100%創価学会員というわけではなないようです。
その他の学校と比べれば学会員の方の比率は多いようですが、名前にもついているわけなので、そりゃそうですよね。

そして大学で投手への夢を諦めきれず、志願して再度外野手から投手へ転向。
1年時には体力つくりに専念しましたが、2年以降その眠っていた才能を開花させた、というわけですね。
先発や中継ぎとして登板し、リーグ6連覇の立役者となり、ベストナインにも選ばれました。
大学日本代表にも選ばれ、世界大会でも活躍をみせるなど、一気にスカウトの注目を集めるようになりました。

田中選手と言えばなんといっても最速156キロの豪速球が持ち味です。
今年の大学ナンバーワン投手との呼び声も高く、史上初の12球団全ての指名もあり得るとの下馬評です。

ドラフトは駆け引きや戦略、チーム事情もありますので、実際に12球団で競合となる可能性は限りなく低いとは思いますが、それだけ能力の高い選手だということですね。
今年は高校生含め素晴らしい投手が多く、ドラフトが楽しみですね!

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
2016年ドラフト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。