So-net無料ブログ作成
検索選択
プロ野球 ブログトップ

大谷翔平の年俸予想はズバリ〇〇億円!2017年ポスティングは? [プロ野球]

こんにちは!
阪神タイガースOBの下柳剛氏が『キャスト』という番組で大谷翔平、藤浪晋太郎らの来季の年棒の予想を語ったようです!

大谷翔平選手と言えば今季投手として10勝をあげた他、自己最速かつ日本最速を塗り替える球速165キロを計測しました。
また打者としては規定打席には到達しなかったものの打率.322、本塁打22本という投打において異次元の結果を残しました!

大谷翔平選手は現在でも22歳にして年棒は2億円と破格の待遇を受けていますが、その成績を更に伸ばした今季、一体年棒はいくらまで跳ね上がるのでしょうか?

また今後の去就など、気になる情報に迫っていきたいと思います!


<大谷翔平の来季の年棒!>

下柳剛氏は来季の大谷翔平選手の年棒に関して、『間違いなく5億円』と予想しました。
その理由については
『いやもう成績だけで(昨季から)倍増してますし。あと1年か2年したら彼はポスティングするので、どうせなら気分良くプレーしてもらうと。日本ハムはポスティングでお金入って来ますから、5億円なんて痛くも痒くもない』
とコメントしました。

たしかに、大谷翔平選手は今季の成績からみても打者としても投手としても超一流の成績を残しています。
更にどちらもこなせることで采配や選手起用にも幅をもたせることができること、抜群のスター性から生まれる話題性や注目度などから言っても、大谷翔平選手の年棒が5億円だったとしても全く不自然ではないかもしれませんね!

これまでに年棒が5億円を超えた主な選手としては

・ロベルト・ペタジーニ(巨人)
⇒7億2000万円

・佐々木主浩(横浜)
⇒6億5000万円

松井秀喜(巨人)
⇒6億1000万円

・アレックス・カブレラ(西部)
⇒6億円

・イ・スンヨプ(巨人)
⇒6億円

・タフィ・ローズ(巨人)
⇒5億5000万円

・金本知憲(阪神)
⇒5億5000万円

イチロー(オリックス)
⇒5億3000万円

・松中信彦(ソフトバンク)
⇒5億円

・中村紀洋(近鉄)
⇒5億円

・アレックス・ラミレス(巨人)
⇒5億円

・ダルビッシュ有(日ハム)
⇒5億円

などがあげられます。
そうそうたる顔ぶれですね!
しかしまさにこういった選手の中に、大谷翔平選手も肩を並べようとしています!
契約更改が楽しみですね!



<大谷翔平選手の今後の去就は?2017年ポスティングは行使する?>

年々凄みをます大谷翔平選手ですが、かねてよりメジャー志望であったこともあり、常に今後の去就には注目が集まっています!

ご存知の方も多いと思いますが、日本のプロ野球選手が球団を選手自身の意向で移る際には、まず『FA(フリーエージェント)制度』というものがあります。
すごく簡単に言うと選手の一軍登録が所定の期間をクリアするとFA権が与えられ、それを行使することで他の球団とも移籍の交渉ができるのです。

更に一度FA権を行使した後、FA移籍した球団で再び一軍登録が一定期間なされると、海外に関しても同様にFA権を取得することができます。
もちろん他の球団との交渉の末、双方合意の上で契約に至りますから、FA宣言をしてもオファーがなければ結果宙ぶらりんということもあり得るわけですね。

選手のデメリットとしてはどうしても取得するまでに時間がかかってしまうことでしょう。
アスリートは少なからず肉体の年齢的な制限や寿命がありますので、イチロー、ダルビッシュ、田中将大しかり才能ある選手は若くして海を渡っていますね。

そんな選手たちが利用してきたのがこの『ポスティングシステム』です。
獲得に名乗りを上げる球団が、その選手が所属する球団に対して金額を提示し、合意に至ればその選手を獲得することができるということですね。
言い方は悪いかもしれませんが野球選手のオークションのようなもので、出品者が元の球団、落札者が獲得に名乗りを上げている球団、商品が選手ということです。

前段で下柳剛氏がおっしゃったように、球団としてはFA制度であればタダで選手が球団から出ていってしまう(別に選手は球団の持ち物ではありませんが)ところを、ポスティングシステムであれば獲得する球団から多額の入札額を手にすることができる、という点が大きなメリットになっていますね。

そして現時点で既に海外スカウトからの評価も高い大谷翔平選手も、あと1年ないし2年の間でこのポスティング制度を使い、FAを待たずして海外に移るだろうという声がほとんどなのです。

これだけ連日大谷翔平選手の報道がテレビやネットで騒がれる今、やはり大谷翔平選手が海外に行ってしまうということはさみしくもありますね。

しかし大谷翔平選手は高校時代からずっとメジャー志向でしたし、大谷翔平選手がここまでの逸材になったことも本人の野球に対してのひたむきな姿勢や思いがあってこそのものでしょうから、本人の夢や思いを尊重するのがベストなのではないかと思います。

二刀流はどこまで続けるのかわかりませんが、アメリカでも是非とも前人未到の活躍を期待したいですね!
今後も大谷翔平選手を応援していきたいと思います!


本日も最後までブログを読んでいただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大田泰示を巨人が日ハムに手放した理由!原辰徳の反応は? [プロ野球]

こんにちは!
大田泰示を巨人が日ハムにトレードで放出しましたね!
巨人は大田泰示外野手(26)、公文克彦投手(24)を、日本ハムは吉川光夫投手(28)、石川慎吾外野手(23)を、両チーム2名同士のトレードが成立したようです!
このトレードを通じて早くも様々な意見が出ているようですが、今回はこちらのニュースの真相や背景などに深く迫っていきたいと思います!


<巨人が大田泰示を手放した理由と拝啓!>

大田泰示は東海大相模高校を経て2008年にドラフト1位で巨人に入団しました。
当時巨人軍の監督を原辰徳が、東海大相模高校の監督を原辰徳の父の原貢が務めていたこともあり、大きな話題となりました。
原貢の教え子となる大田泰示も高校通算65本塁打を放った大型遊撃手として、巨人のみならずドラフトの目玉として非常に注目を集めていました。

原貢は太田泰司の素質に惚れ込んでいて
『息子(原辰徳)とはタイプが違うが、ボールを飛ばす力は大田のほうがずっと上。体が丈夫で、大きな故障をしたことがないのもいい』
『時間をかけてじっくりと鍛え上げ、生え抜きの三塁手として育てる。松井(秀喜)よりもバランスのとれた体型だし楽しみな素材だね』
などと語っていました。

大田泰示は原辰徳とも因縁が深く、初対面は実は中学校の時でした。
地元の広島県福山市で開かれた原辰徳の野球教室に参加した際、大田泰示は初めて原辰徳に直接指導を受けました。
当時のことを大田泰示は
『原辰徳さんにいいスイングをしていると褒められ、母校である東海大相模に入学を決めた』
と明かしています。

そして運命のドラフト会議。
巨人とソフトバンクのドラフト1位での競合の末、交渉権のくじを勝ち取ったのは巨人でした。
元々巨人入りを熱望していた大田泰示はもちろん巨人と仮契約を交わしました。
契約金は1億円、年棒は1200万円だったようです。
18歳の高卒野手にして積まれた大金もさることながら、提示された背番号はなんと『55番』でした。
あの松井秀喜がつけていた背番号です。
このエピソードからも当時の期待度がうかがい知れます。

原辰徳も大田泰示が巨人に入団した際は
『ちょっとできすぎかな、という気もするけれど、これも縁だから』
と笑い、太田泰司の今後の成長と活躍に大いに注目していました。


しかし念願かなって巨人に入団した等の大田泰示は2年・3年と経過しても思うような結果を出せません。
今年こそはと、毎年期待されるものの1軍への定着すらままならない日々でした。
そして昨年とうとう原辰徳が巨人監督を退任し、これまでの恩を返せないままに、ずっと追いかけてきた背中が目の前から消えてしまいました。

原辰徳と言えばもちろん読売巨人軍の中では重鎮ですから、監督を務めていたころは少なくとも周囲は大田泰示への配慮などもあったことでしょう。
そして今年に入り
『原辰徳がいなくなった今気を遣う相手もいない』
と言わんばかりに非常な決断はなされました。



<原辰徳の現在の胸中!>

大田泰示の放出に関して、巨人の堤GMは
『彼を出すことには、いろんな意見があったが、最終的には私が決めた。(日本ハム側には)北海道で花を咲かせてやってください、と伝えた』
と語り、本人には
『北海道でFAを取ってこいよ』
と声をかけたようです。

巨人軍としてはトレードの大きな理由を
『先発陣の補強である』
『(吉川光夫投手は)2012年にはリーグ優勝を支えた投手。球の力はウチの中でも上位。ローテに入ってくれるだろうと期待している』
と話しています。

厳しいプロ野球の世界では日常的なことではありますが、これまでの知名度や経緯から言っても手塩にかけて育ててきた大田泰示を『捨てた』と言われても巨人軍としては仕方がないことでしょう。

今回の一件に関してまだ原辰徳の声明などは出ておりませんが、複雑な胸中にあるのではないでしょうか。
今後の報道に注目したいですね。

大田泰示も今年26歳とまだ若手ではありますが、これまで目立った実績のない高卒野手としては、来年は勝負の年となるでしょう。

当の本人はこのトレードに関して
『入団して8年間、一軍ではいい成績を残すことができなかったのを悔しく思っています。北海道で活躍する姿を、皆さんに見ていただけるよう頑張るだけです』
と語ったようです。


いつか日本シリーズで因縁の巨人軍に借りを返せ日がくるように、新天地で飛躍を期待したいです。
これからも大田泰示を応援していきましょう!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

黒田博樹が突如降板?引退も怪我が原因だったのか?試合は大谷翔平がサヨナラで決める!日本シリーズ速報! [プロ野球]

今回は日本シリーズ第3戦で先発した黒田博樹選手の速報となります!
広島カープはリーグ優勝、クライマックスシリーズの勢い止まらず、日ハム相手に既に2勝しています!
そして今日勝てばいよいよ日本シリーズも王手というところです!

この大事な一戦の広島の先発は、われらが黒田博樹です!
黒田博樹選手は既に今シーズン限りの引退が決まっており、事実上今回が最後のマウンドとなります!

しかし黒田博樹選手の最後の登板は残酷なものとなってしまいました…
こちらの記事で詳細を書いていきたいと思います!

まず先行の広島のスターティングオーダーです!

1 遊 田中 広輔
2 二 菊池 涼介
3 中 丸 佳浩
4 一 新井 貴浩
5 右 鈴木 誠也
6 指 エルドレッド
7 左 松山 竜平
8 三 安部 友裕
9 捕 石原 慶幸

投 黒田 博樹

続いて日ハムのスターティングオーダーです!

1 左 西川 遥輝
2 右 近藤 健介
3 指 大谷 翔平
4 一 中田 翔
5 中 岡 大海
6 三 レアード
7 二 田中 賢介
8 捕 市川 友也
9 遊 中島 卓也

投 有原 航平

日ハムは1回裏、近藤・大谷の連打の後、中田のショートゴロの間に1点を先制します!
しかし広島も2回表、鈴木誠也のツーベースの後、エルドレッドのホームランですぐさま逆転に成功します!
その後は投手戦となり、0の更新が進みます!

そして事件は6回に起こってしまいました!

なんと3番の大谷を仕留めた後、体に異常を訴え、ベンチの裏へと下がってしまったのです。
数分後にベンチからマウンドへ戻り、数球ピッチングを確かめましたが、続投はままならず降板となってしまいました。
マウンドを降りる際には、敵地からも大声援が送られました。
広島スタンドには黒田の最後の雄姿を見て号泣した人もいたそうです。

黒田の体には一体何が起きたのでしょうか?

詳細はまだ報道されておりませんが、もしかしたら以前から痛みを抱えていた右肩に異変があったのかもしれません。
黒田は今年の春、頸部(けいぶ)神経根症と右肩痛で一時一軍登録を抹消されていました。
頸部神経根症とは、首の骨である頸椎の神経が何らかのきっかけで圧迫されて起こる神経症状です。 
神経が圧迫されると、指や手に痺れ・痛み・力が入りにくいなどの症状が出ます。
これをかばって投げたことにより右肩にも負担がかかったのでしょう。

野球の中でも特に投手は体を酷使するポジションであり、体の痛みは如実に自分のフォームやパフォーマンスに影響しますので、どこかに痛みがでると意識をしていなくてもそれをかばった動きになってしまい、結果として他の部位も怪我をしやすくなるものです。



日本とアメリカで20年間投げぬいた右腕はもう満身創痍だったのでしょう。
引退の理由も体の限界だったのかもしれません。

体の痛みとも戦いながらここまで投げぬいた黒田選手。
本当に男気という言葉がよく似合いますね!
20年間本当にお疲れさまでした!

なお試合はその後、8回裏に中田の2点タイムリーツーベースで逆転に成功しましたが、9回表に安部友裕のタイムリーヒットで同点に追いつき、延長戦に突入しました!
その後10回裏、大谷翔平のライト前へサヨナラタイムリーを放ち4-3で日ハムが広島をくだしました!
日本シリーズにふさわしい素晴らしい試合でしたね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!
それではまた!
タグ:スポーツ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

川崎宗則のカブスがリーグ優勝&ワールドシリーズ進出!祝福ツイートが殺到! [プロ野球]

22日(日本時間の23日)川崎宗則率いるカブスがナショナルリーグ優勝決定シリーズ第6戦でドジャースに勝利しました!
これでカブスは対戦成績4勝2敗とワールドシリーズ進出を決めました!
1945年以来、実に71年ぶりのリーグ優勝となり、地元のシカゴだけでなく全世界のファンが歓喜したそうです!

ツイッター上ではカブス優勝に歓喜と祝福の声があふれているそうですが、中でも意外な人物にも祝福ツイートが殺到しているそうです。
その人物こそ、現地では“ムニ”のニックネームで愛されている川崎宗則内野手です!
個人的にも川崎選手のプレーや人柄が大好きで、密かに応援していました!

ここでは川崎選手への祝福のツイートの一部を紹介いたします。

カワサキの酔った姿を映したビデオが今すぐ見たい」

「カワサキのインタビューが見たい!」

「世界はカワサキの祝福動画を待っている」

「カワサキのためにもカブスに勝ってもらいたいな。彼はトロントではファンのお気に入りだったから、彼にリングをとってもらいたい」

「おめでとう、カブス! カワサキは今夜ブッシュパーティーだろうね」

「WSはカブスを応援する。理由は1つ。カワサキがいるから」


-ライブドアニュースより


海の向こうでも川崎選手は本当に愛されていますね!

ちなみに、今季のほとんどを傘下3A(スリーエー)で過ごした川崎選手は9月にメジャーへまたしても昇格していました。
プレーオフも出場メンバーには登録されていないものの、チームに同行しながら内野手に何らかアクシデントがあった際のスーパーサブとして、またチームの随一のムードメーカーとして快進撃を支えてきたようです!

地区シリーズを突破した後のシャンパンファイトにも参戦しました。
現地の米メディアが公開したニュースでは
「トゥー・モア・タイム(あと2回)!」
とワールドシリーズ制覇を宣言していたようです!

ワールドシリーズでも、グランドの内外問わず川崎選手から目が離せませんね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!
その他の記事も是非ご覧になってみてください!
それではまた!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
プロ野球 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。