So-net無料ブログ作成
検索選択

高井研一郎が死去!病院はどこ?死因や原因は?生前葬も行っていた! [芸能]

こんにちは!
漫画家の高井研一郎さんが14日、東京調布市の病院で肺炎のため亡くなったようです。
享年は79歳でした。

高井研一郎さんと言えば「総務部総務課山口六平太」などの作品で一躍有名となった漫画家ですね。
もう高井研一郎さんの作品も見ることができないと思うと、本当に残念です。
元々あまり長くはないと自覚していたのでしょうか、2011年くらいから生前葬も行っていたようです。

高井研一郎さんが最後を迎えた調布市の病院はどちらだったのでしょうか?
死因や原因はどのようなものだったのでしょうか?
気になる詳細に迫っていきたいと思います。


・高井研一郎が死去!病院はどこ?

高井研一郎さんは長崎県佐世保市の出身ですが、現住所は東京都調布市布田だったようですね。
調布市の布田は私も学生時代に少しゆかりのあるところでした…

余談ですが同じく東京都調布市には水木しげるさん、隣の東京都府中市には刃牙の作者の板垣恵介さんなども住んでいて、府中や調布は漫画家の方が多いなぁと思っていましたが、高井研一郎さんも調布だったのですね…

葬儀・告別式は20日の午前11時半から東京都調布市八雲台・国領総合斎場で執り行われるようです。

※国領総合斎場



病院ですが、やはり調布市内の病院だったということですから、有力なのは
医療法人社団 桐光会 調布病院
・医療法人社団 大和会 多摩川病院
あたりではないでしょうか。

あまり大きな病院で集中的な治療を受けるでもなく、住み慣れた場所で静かに最後を迎えたかったのでしょうか。


・高井研一郎さんの死因や原因は?

高井研一郎さんの死因は肺炎とのことですね。
後輩の漫画家の鍋島雅治氏(53)はフェイスブックで「本日、11時59分に漫画家の高井研一郎先生が亡くなられました。ボクが病室に駆けつけた時は12時10分でした」と報告しています。
多少の予兆はあったのでしょうか。

がんや血管系の病気で亡くなる方も多いですが、この肺炎で亡くなる方も多いですね。
これからの季節、特に手洗いやうがいくらいはしっかりと行っていこうと思いました。



・高井研一郎さんは生前葬も行っていた!

高井研一郎さんは2011年くらいから、生前葬も行っていたようですね。

生前葬とは、その名の通りまだ生きているうちにこれまでにお世話になった方などを招いて行う儀式です。
これまでの感謝の気持ちなどを直接伝えることができます。
生前葬の内容には特に決まりやルールなどがありませんので、乾杯・会食からビンゴやカラオケなどの余興まで、主催者が自由に決めることができます。

高井研一郎の場合は調べた限りでもなんと三回忌まで行っていたようで、2011年に始まり三回忌は2013年7月20日に行われたようです。
ちばてつやさんや浦沢直樹さんなどやはりそうそうたる顔ぶれが出席されていて、本当に楽しそうな様子でした。
生きているうちにこういったことができて、高井研一郎を羨ましくも思いますね。


今回日本の漫画家の巨匠がまた一人逝かれてしまい、本当に残念です。
また若い世代から高井研一郎さんのような漫画家が台頭することを期待しています。


今回も再度まで読んでいただきありがとうございます!
それではまた!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。